So-net無料ブログ作成
検索選択

週刊少年ジャンプ「NARUTO」、11月に連載終了 [漫画]

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載15周年を迎えた岸本斉史氏の『NARUTOナルト―』が、
11月10日発売の『週刊少年ジャンプ』50号で完結することが、6日、同誌公式サイトで発表された。
1999年から始まった、うずまきナルトの物語がついに完結の時を迎える。
体内に九尾の妖狐を封印された落ちこぼれ忍者・うずまきナルトが、里一番の忍者である火影
(ほかげ)を目指し、数々の試練を乗り越え成長していく物語。仲間との友情、裏切りと復讐、師弟の
絆を中心として描かれ、諸国の忍とさまざまな戦いを繰り広げてきた。

一方で、「NARUTO新時代開幕プロジェクト」が進行中。原作・キャラクターデザイン・ストーリー
監修を岸本氏が務める、2年ぶりの劇場版アニメ最新作『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』の公開を
12月6日に控え、プロジェクトの一環として来年『NARUTO―ナルト―展』(仮)の開催が決定している。

これでジャンプももう完全に週刊ワンピースに成り果てる
ジャンプ編集者もワンピースないと売り上げ落ちるって嘆いてたし
ハンターハンターとナルトがあってようやくジャンプだったのに
でもいい時点で完結できて作品の評価は今後上がるでしょうね



nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

作者は何らかの発表示唆し最終回に隠しメッセージも「東京喰種」続編は? [漫画]

人気漫画「東京喰種トーキョーグール」が18日発売の
「週刊ヤングジャンプ」42号で最終回を迎えた。これを受け、作者の石田スイが18日、
自身のツイッターでファンに向けてコメントを発表した。
同作は人を喰らう怪人・喰種(グール)がはびこる東京を舞台に、
ある出来事をきっかけに喰種となってしまった大学生・金木研の葛藤と戦いの日々を描く。
2011年に連載を開始し、単行本は13巻まで発売。
累計発行部数は720万を突破する人気作で、今年7月にはテレビアニメもスタートした。
そんな人気絶頂の中で最終回は、多くの謎を残したままということもあり、ファンに多くの衝撃を与えた。

石田は18日「本誌を読まれた方へ」とヤングジャンプを未読のファンに配慮しながら
「143話をもちまして『東京喰種』というタイトルの連載は終了となります。
来週YJより本作は掲載されておりませんのでお伝えしておきます」と改めて連載の終了を発表。
ファンの応援に感謝するとともに「驚かせてしまった事、大変申し訳ありません」と突然の最終回を謝罪した。
「東京喰種」の最終回については、ラストカットが先週末よりネットに流出し話題となっていた。
石田のもとにも最終回への問い合わせは届いており、一度は正式にアナウンスすることも考えたという。
だが、正式な雑誌の販売日まで待っているファンに配慮しこの日まで発言を控えていたと明かした。
一部ファンの間では石田の体調不良が噂されたが、
上記の事情により発言はできなかったといい
「そのことで不要に不安を煽ってしまったかもしれません。重ね重ね、本当に申し訳ございませんでした」
と心配していたファンに謝罪した。


アニメ終了と同時に終わったかな?
それにしてもアニメ直後だし掲載順も前の方だったしなんらかの裏事情があったんでしょうね



nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。