So-net無料ブログ作成

元フィギュア選手の浅田舞さん、妹・真央との確執告白。毎晩クラブ通いの過去、妹の活躍で傷つき荒んでいた時代語る。 [スポーツ]

元フィギュアスケート選手の浅田舞さん(26)が
4日放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました」(火曜後11・59)に出演。
妹でソチ五輪6位入賞の妹・真央(24)と口もきかないほどの確執があったことを明らかにした。

今ではイベントやテレビ番組で共演し、息の合った様子を見せている仲良し姉妹だが、
舞さんが20歳のころは真央の才能に嫉妬し、 自身の生活も荒れていたという。
「一緒に競技をしているのに、(真央が)グググって有名になって…。精神的に傷ついてしまった」。
髪を金色に染め、気持ちを発散するために家出を繰り返してクラブ遊びに没頭。
夜は「漫画喫茶で泊まっていました」とぶっちゃけた。
真央とは「めちゃくちゃ仲が悪くて、全然しゃべらなかった」と振り返った舞さん。
一度2人でじっくりと話し合い、互いに心を打ち明けたことで、
ようやく今のような仲の良い姉妹に戻ったという。
「ダメなのは姉の方。真央の方が苦労していた」と、最後は妹を思う姉の優しさを見せていた。

子供の頃から家族ぐるみでフィギュア漬けだから、妹ばかりがクローズアップされて
これしかない、これやって当然ってもので否定されると、
自分の存在価値そのもの否定みたいな気持ちだったろうから
フィギュア以外にアイデンティティ探しにいくのは当たり前かも知れないですね。


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。