So-net無料ブログ作成
検索選択

ASKAと涙のお別れ 栩内香澄美には保釈金から弁護人までを用立てる人がいる。 [芸能]

あたかも食卓上の塩と胡椒瓶のように、週末の深夜、ぴたり寄り添っていたASKAと栩内香澄美被告(37)。
麻薬を取り込んだ閨房(けいぼう)での秘事は、ときに3時間に及んだ。
覚醒剤取締法違反で起訴された彼女が保釈されたのは、今月9日のこと。
2人の関係は切れたが、彼女には保釈金から弁護人までを用立てる守護神がいる。
他ならぬ、南部靖之氏(62)。東証一部上場「パソナグループ」代表である。
逮捕から145日ぶりに勾留を解かれた栩内被告。
東京拘置所から彼女が乗り込んだ紺色のアウディは、ホテルニューオータニへ滑り込んだ。
迎えの外国車に高級ホテル、後に戻るとはいえ保釈金300万円。
収入源を断たれた元会社員に不釣合いなものばかりだ。
「これを取り仕切るのが関西のさる大物ヤメ検。
彼は、南部さん、たっての依頼で弁護人となった」(司法関係者)
だとすれば、人材派遣大手ならではの手厚い扶養と言うべきか。そこでパソナに聞くと、
「そのような事実はありません」
では改めて、栩内被告と南部代表との浅からぬ縁を振り返っておこう。
「もとより栩内さんは、パソナ傘下の会社で秘書を務めていた。
その後、南部さんの覚えがめでたくなり、彼の秘書業務を任されるようになった」(元幹部)
その端的な例が、パソナの迎賓館こと「仁風林(にんぷうりん)」で開かれる宴会での接待役だ。
「代表は、政官財および芸能・スポーツ界の著名人を招き、会を催していた。
アテンドは彼お気に入りの美人秘書軍団。 その1人である彼女が、客であるASKAと出会ったというわけです」(同)そして程なく、前述のように、覚醒剤を使った性行為に溺れていくことになる。

差し当たって、彼女の公判は4回行なわれてきた。
「毛髪や尿検査で陽性反応が出ているものの、覚醒剤の使用を一貫して否認している。
ただ、覚醒剤案件は、供述よりも客観証拠たる鑑定が重視されるので、有罪は免れない」(司法記者)
あまつさえASKAについても、法廷内で突き放す発言を繰り返しており、
「世間から“ASKAと寝た女”と見られ続けることに耐えられないようです。
今後は、南部氏の庇護の下、新たな人生を歩んでいくのでしょう」(芸能関係者)
その一方でASKAは、
「初公判で栩内被告のことを“大事な人。好きです”と明かし、彼女への思いは断ちがたいのだろうと
誰もが感じ取ったのですが」と、別の関係者が次のように続ける。
「もっともこの発言は、彼女に申し訳ないことをした、
少しでも罪を軽くしてあげたいという“言いようのないもどかしさ”から出たもの。
彼は過去を清算したいと願っています」

事実、逮捕時は瓦解していた家庭は、ひとつになろうとしている。
7月3日の保釈時、「呂律(ろれつ)が回らないほど禁断症状に蝕まれていた」(社会部デスク)彼は、
千葉県内の病院で薬物更生プログラムを受診。
目下、別の施設に移って治療を続けている。
「奥さんや2人の子供が献身的に支えている。
レコード会社との契約は解除、CD販売や音楽配信もストップされたASKAは、家族のほかに寄る辺がない。
少なくとも立ち直るまでは、手を差し伸べよう”と彼らは話し合っています」(同)
三文小説のような事件の当事者たちは、元の鞘に収まりつつあるのだ。

トチナイが仁風林で見たこと証言すれば小渕優子なんて吹っ飛ぶ騒ぎになりそう。。。
竹中さんや小野寺さんにシャブ打ちながら・・・
そんな話を出さないためにいくら恥かいても矛先はASKAだけにしとけって言われてるのかな?

nice!(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。