So-net無料ブログ作成

安達祐実の舞台あいさつ「ヌードは大きな挑戦だった」映画「花宵道中」 [芸能]

女優の安達祐実(33)が28日深夜放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました」(火曜後11・59)に出演。
20年ぶりに主演した映画「花宵道中」の中でオールヌードを披露したことについて
「脱ぐ場面があればやってもいいと思っていた」とオファーを受けた経緯などについて語った。

 同作で吉原の遊女・朝霧を演じ、ヌードや激しい濡れ場にも挑んだ安達。
自身のブログでは「私にとって、この映画出演は挑戦であります」とつづっているが、
女優として新境地を切り開いた理由のひとつに「芸能生活30周年ということもあって」と説明。
以前から「必要であれば脱ぐ場面で(ヌードを)やってもいいかなと思っていた」といい、
今回オファーが来た際にも「やろう」と迷わず受諾したという。

監督とカメラマンの前で裸体を披露した時には、
恥ずかしさから「体が赤くなってしまった」ことも明らかに。
また安達が演じやすいようにと、
現場のスタッフが様々な気遣いを見せてくれたことについて感謝する場面もあった。

童顔、声が幼い、他の俳優との釣り合いをとるのが難しそうですね。
制作者側が同年代の女優と比べると使い勝手が悪そう。
安達祐実に演技力があるからもったいないな。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。